神経科 > 群馬県

  • 医科から病院を探す

神経科:群馬県:

Step3:市区町村をお選びください(市区町村名をクリック、またはチェックボックスで3つまで複数検索できます)

最新の口コミ

群馬県 藤岡市の医院

投稿者:rikuさん 40代/未回答 16/02/10
年老いた親がこの病院に入院したが病棟の某看護婦の態度が異常に悪く驚いている。見舞いに行くと“この患者は(夜間?)ナースコールを何度も押すので見舞いに来たら車椅子に乗せて起こしておけ”というような事を言われた。こちらが何か質問すると常にくってかかるような返答をするし、患者や家族を見下したような態度には怒りが爆発しそうになった。親のことが心配なので何とか我慢しているが病院もこのような職員をもう少し厳しく教育して欲しいと強く感じる。

社会保険 群馬中央総合病院

投稿者:たまちゃんさん 40代/女性 12/12/17
丁寧で良心的です。予約制なので長く待つことはありません。
治療時間もちょうどよいけれど通院回数が多くなる気がします。
患者の痛みの負担を考慮してとのことと思います。
よくある高額商品を売り付けることなく、低価格で簡単で毎日続けられる
デンタルケアの指導もあります。
治療は慎重に行っています。
院内の雰囲気は明るく、機器も最新です。

群馬県 伊勢崎市の医院

投稿者:精神病患者さん 30代/男性 10/10/13
今年の春にパニック障害の診断で通院しておりました。
まさか、自分がそんな神経系の疾患を抱えるなどと夢にも思わず、周囲からも到底縁がないと思われていたようでした。
全く自分には、未知の世界で、頼るのはドクターしかいない状況で指定されたタイミングには必ず受診しておりました。
そんなある日、いつも1時間以上の待ち時間があるため、受付終了前の30分に受付をし、どうしても取りにいかなければならないものがあり一時的に病院を離れ、18:05分に戻りました。
その日に限って、空いており最後の患者が診察室を出たところでした。
ところが、受付から言われたことは、「後日また来院を」。
絶句しました。インターネットでは18:15分までが受付時間であり、前の患者が診察を終えたばかりであるにも関わらず、呼んだ際、小生がいなかったということで、その日の診察を断られました。
小生が薬が切れることをいうと、次のスケジュールに向かうドクターが靴を履きながら、じゃー***の救急にでも行ってもらって!」と冷たい発言。ちなみに***には神経系の受け入れはないのです。
ドクターに聞こえるように、「どうにかならないですか?」と声を大にしていうと、
「じゃ、***と***だしといて!」
閉口しました。靴を履きながら、診察もせず、薬を処方するだけで、千いくらかの報酬を請求されました。

昨今の日本、医療崩壊とかの問題が取りざたされており、ドクターも繁忙を極めてるのは理解しておりますが、このような対応に溜飲を抑えるのが困難でした。
この一言で、また如何に精神的な心労が増えたのは言うまでもありません。

いまは、別の病院に通院し、自覚症状はすべて完全され、なんとか平穏な日々を送れており、
現在のドクターには感謝しております。

患者には、自分の不可測な病気で頼るのは、ドクターと薬しかなく、どんな気持ちで病院の門をたたいているのか、件のドクターにも気づいていただけたら幸いです。

社会保険 群馬中央総合病院

投稿者:遅れた亭主さん 20代/男性 09/11/07
下の子供が男の子だったのですが、母体の血圧が200を迫る勢いであった為に、緊急の帝王切開になりましたが、スタッフの方の迅速な対応で手術もうまく行き、母子共に無事に産まれました。 子供はMICUに入りましたが、丁寧な看護をして頂いたかいもあり、予定より早く退院する事が出来ました。 それに担当して頂くDrも部長のO先生はユーモアのある先生ですし、どの先生もとても丁寧に説明してくれます。 だから、お勧めです。

群馬県 高崎市の医院

投稿者:ミーコさん 30代/未回答 09/10/12
父が肺がんで入院しました。担当はS医師でしたが、最初から横柄な印象で(菓子折りを持って挨拶に行った処、あからさまに「忙しいのに」と迷惑そうな対応を取られた)、入院中の父のストレスになるのでは、と心配していました。
抗がん剤投与後、今後の治療方針を聞く相談日に父と私で行くと、こちらが何も言っていないのに「治そうと考えて頂いても困りますから」と言われ、驚きました。私だって、肺の進行がんが完治するなんて思っていませんし、治せなんて言う気も無い。ただ、父は少しでも長く生きたいと、希望を捨てずに治療を受けていたのに…隣で震えていた父を思い出すと、今でも許せません。
その後、父は退院し自宅待機中、呼吸困難になり救急車で運ばれましたが、また別のS医師に「外来で来て下さい」と言われ、付き添った母もさすがに「死にかけてるのに!」と医師に怒ったそうです。
結局そのまま父はICUに入り、明け方に亡くなりました。担当医には「最悪〇月まで」と余命宣告を受けていましたが、それより2ヶ月近くも早くでした。

新規登録医院

新規登録申請
NJB ナース人材バンク

口コミ投稿

がんを早期発見できるPET/CT検査特集

  • バナー広告
NJB ナース人材バンク